ケセラセラ

平凡な成人女の絵日記ブログです。

人間関係には消費期限があると思う

スポンサーリンク  

f:id:chisatomorehappy11:20170411010435j:plain

 

こんにちは、ちさとです。

 

子供のころ、漠然と「大人になったら人間関係で悩むことはなくなるんだ」と思っていました。でもそんなことなくて大人になってからも人間関係のトラブルが起こることはあり、人間関係の悩みというのはつきません。

 

私は人と人の間には扉のようなものがあると思っています。扉が開いている人とはコミュニケーションをとることができ、扉が開いていない人とは会話をすることも目を合わすこともできません。でも扉が開いていてコミュニケーションをとって仲良くなれた気がしたのにも関わらず、突然扉を閉められてしまうことがあります。所謂音信不通状態(連絡が返ってこない、無視されるなど)ですね。お互いになんとなく疎遠になってフェイドアウトしてしまったんならまだしも、ついこの前まで普通にコミュニケーションをとっていたのに音信不通になるとさすがにびっくりします。でもきっと私とコミュニケーションをとることに限界を感じたのでしょう。たとえ昔からの友人でも、大人になって環境が変われば話やリズムが合わなくなってしまうことがありますからね。残念ですが、友情の消費期限が切れてしまったのでしょう。きっと追いかけてももう仲良くなれることはないと思うので、素直に去っていく背中を見送ろうと思います。去る者追わず、です。