ケセラセラ

ストレスとうまく生きる方法を考える。

ゲーム「ときメモGS」の親友モードが辛い

スポンサーリンク  

f:id:chisatomorehappy11:20170419183207j:plain

 

こんにちは、ちさとです。

 

私はよくゲーム実況動画は見るのですが、自分ではあまりゲームをプレイすることがありません。なぜならばゲームはあまり得意ではないからです。しかし「ときめきメモリアルGS(ガールズサイド)」というゲームはよくプレイします。通称「ときメモGS」は恋愛シュミレーションゲームでいわゆる乙女ゲ―というやつです。高校三年間で自分を磨き、デートを重ね、卒業式までに意中の男性キャラを恋に落とすのが主なストーリー内容です。基本的にはコマンドを選択していくだけなので難易度は簡単です。なので私にもプレイすることができるのですが、魅力的なキャラ、豪華な声優陣、青春全開の明るいけどちょっと切ないストーリー展開のおかげもあって根強いファンの多いゲームとなっております。

 

ときメモGSは1・2・3と3シリーズまで発売されていて、私はすべて持っています。今は主にGS3のDS版をプレイしています。そして各キャラの親友エンドを目指しています。

 

親友エンドとは明らかに自分に恋をしているであろうキャラの本心に気づかないふりをしながら友情を深めていくというものなのですが、これがなかなか切ない。親友キャラが本心を隠しながらも、友情を壊さない様にして呟く台詞の数々は胸をしめつけます。なのでプレイしているとだんだんと憂鬱になっていって、「ごめんね!」と謝りながら卒業式まで進めています。しかも最後は本命キャラからの告白をふって、親友キャラからの告白を受け入れるという仕様。なんという鬼畜。主人公の心の強さと鈍感さは目をはるものがあります。

 

今まで「ときメモGS」以外にも様々な乙女ゲームをしてきました。「薄桜鬼」なども面白かったですが、やはり一番好きなのはいつまでも「ときメモGS」シリーズです。どんなところが好きなのかと言えば、自分のスペック(学力や運動、魅力や気配りなど)があがらないと仲の良い女性キャラもできないし、男性キャラにも好きになってもらえないという現実的なところです。なのでいつもプレイすると「自分もがんばろう」と思えます。

 

ときめきメモリアル Girls Side 3rd Story
Amazon 楽天

新品価格
¥4,980から
(2017/4/19 18:50時点)

 DS版を持っているのですが、PSP版もほしいと思っています。天使と小悪魔イベントうらやましい。

 

ときめきメモリアル Girl's Side Premium ~3rd Story~ (通常版)
Amazon

新品価格
¥12,000から
(2017/4/19 18:54時点)