ケセラセラ

ストレスとうまく生きる方法を考える。

目標は見える場所に掲げるべし

スポンサーリンク  

f:id:chisatomorehappy11:20170621214450j:plain

 

こんにちは、ちさとです。

 

今まで生きてきて何度も何度も目標を掲げてきました。社会人になり、大人と呼ばれる年齢になった今も「こうなりたい」「ああなりたい」といういくつもの目標があります。けれど学生の頃と違って、時間と心に余裕がなくて目標を掲げても三日坊主になってしまいます。それを防ぐためにも見える場所に目標を掲げ、日々うっかり忘れることのないようにしようと思います。

 

いくつになっても目標を持つことは大事

子供の頃、大人になったら「こうなりたい」「ああなりたい」という願望は消えてなくなるのだと思っていました。それはきっと大人になったら「理想の自分になっている」と信じて疑わなかったからです。でも実際に大人になってみると、「理想の自分」にはまだまだ遠くて、いつまでもいつまでも「こうなりたい」「ああなりたい」という願望がつきません。

 

でもそれは悪いことだとは思いません。願望がつきないということは言い方を変えると「向上心がある」ということだからです。私は今の自分がそれなりに好きです。でもまだまだ自分自身に満足できていません。「もっとステキになれるんじゃないか」というぼんやりとした思いがあります。

 

大人になってから物事を始めることは遅すぎる、なんていう言葉も聞きます。でも物事を始めるのに遅すぎるなんてことはないと思います。そうでなくちゃ大人になってからの人生は諦めしかないから。

 

私はまだまだ自分の人生に諦めたくはありません。まだまだ上を目指せると、そう思っています。なので目標を見える場所に掲げ、精進していこうと思います。

 

各目標

【目標1】裸眼で生活する

 

私は視力が悪いです。メガネやコンタクトをしないとまともに生活できません。でもできればメガネもコンタクトも不必要な人間になりたいと思っています。なぜならメガネは邪魔くさく、コンタクトは長時間つけると頭が痛くなるからです。

 

落ちた視力を回復させることはなかなかに難しいことです。でも回復した事例はけっこうあり、不可能なことではありません。なので以下の習慣を生活にとりいれます。

 

・体全体の血流を良くする(とくに目の周りを重点的に)

・1日50回以上、深呼吸を行う

・積極的に窓を開けて換気を行う

 

以上の習慣は視力回復に効果的だと、調べていてわかりました。

 

冷え性の人に視力が悪い人が多く、冷え性じゃない人には視力が良い人が多いという話を聞きました。なので体全体の血流を良くして、冷え性を改善していきます。体全体の血流を良くするためにはやはり運動が欠かせません。通っているスポーツジムでの運動はもちろん視力回復に効果的だというジャンプも積極的に行っていきます。また寝る前にはゴキブリ体操を行い、特に血流が悪くなりがちな手足のケアーを行います。

 

深呼吸は慢性的な酸欠を防ぐためです。デスクワークの多い人は気づかないうちに酸欠になっている場合が多いです。酸欠になると血液がドロドロになり、冷え性を引き起こします。なので積極的に酸素を取り入れ、血液がドロドロになるのを防ぎます。喚起をするのも酸欠を防ぐのに効果的です。

 

【目標2】目指せCカップ

 

私はのバストはAカップで所謂貧乳です。それが昔からコンプレックスでした。なので今回の目標の1つとして掲げます。目指すは平均的だと言われるCカップです。Cカップになるためにネットで話題のバストアップ法・おっぱい体操を習慣にするつもりです。

 

"おっぱい体操"をレクチャー! - YouTube

 

背中や脇の脂肪を寄せ集めて、Cカップを目指します。

 

【目標3】美しい姿勢

 

やはり姿勢が美しい人は美しく見えるし、堂々と自信に満ち溢れているように見えると思うんです。あと絶対に姿勢が良い方が健康的だと思います。

 

昔は「姿勢がいい」と言われることもあったのですが、デスクに向かう時間が増えるにしたがい猫背になってしまいました。それと同時に体調を崩すことも増え、視力もがくっと下がり、肩や首がこることが増えました。それらの現象は普段の姿勢が大きく関わっていることは明白です。なので美しい姿勢になることを目標のひとつに掲げました。

 

モデル仁香が教える☆あなたをぐっとラクにする正しい姿勢の作り方

 

【目標4】開脚180度

 

この目標を掲げたきっかけは野際陽子さんでした。先日、野際陽子さんが亡くなったという報道を聞きました。その報道を見た時、不謹慎なのかもしれませんが改めて野際陽子さんの若々しさと美しさに驚きました。

 

いったいにどんなことを習慣にしているのだろうか。そう疑問に思った私は色々と調べてみました。その結果、野際陽子さんは「人間は股関節から老けていくので、股関節を開くと良い」という産婦人科医の言葉を信じ、股関節のストレッチを重点的に行っていたそうです。なので私も野際陽子さんに習って、股関節のストレッチを行おうと思いました。その結果、「開脚180度」という目標ができました。

 

野際陽子さん綺麗の秘訣「ズボラストレッチ体操と洗顔しない肌ケア」

 

【目標5】月収30万以上

 

さて、最後の目標になります。最後の目標は「月収30万以上」というもの。この目標を掲げた理由は、バストと視力の件と同じです。自分のコンプレックスを改善したいという思いです。

 

私は精神的に弱く、どうしてもフルタイムで働くことができません。そのため正社員などにはなれず、アルバイトとして働いたり、こうしてネットで文章を書いて日々稼いでいます。

 

ありがたいことに今の状態でも一人暮らしができるほど稼げているのですが、正社員として働く同年代の人たちと比べるとかなり少なく、平均以下です。それをコンプレックスに感じる日は少なくありません。

 

また最近は文章を書くことをサボりがちです。なので自分を律するためにもこの目標を掲げたいと思います。

 

目標を自分をさらに好きになるための準備

目標を掲げることは、自分のことをさらに好きになるための準備だと思っています。今の自分の「嫌なところ」や「治したいところ」を改善していく目標が多いので、どんどんとナルシストになっていくと言っても過言ではないと思います。

 

ナルシストって嫌悪されがちですが、個人的にはステキなことがだと思います。絶対に自分のことが嫌いな人よりも、自分のことが好きな人の方が幸せに暮らせると思うからです。

 

なぜなら私も自分のことが大嫌いだった学生時代よりも、自分のことが少し好きな今の方が幸せで生きやすいからです。自分を好きになることは、幸せな感情を増やすこと。目標を掲げ、自分の好きなところを増やすことは、いくつになっても大切なことだと思います。