ケセラセラ

平凡な成人女の絵日記ブログです。

【飛蚊症】視界に虫の羽や糸くずみたいなものがチラチラ映る

スポンサーリンク  

f:id:chisatomorehappy11:20170629185749j:plain

 

こんにちは、ちさとです。

 

白い壁なんかを見た時に、ふっと視界にチラチラと何かが映っているのに気がつきました。それは虫の羽のようでもあり、糸くずのようでもあり、理科の教科書に載っていたミトコンドリアのようでもありました。色はなく、ほぼ透明なそれは透明なのにも関わらず異常な存在感を発しながら私の視界をチラチラと動き回ります。正直いってかなり不快です。

 

それは目をこすっても消えません。目薬をさしても消えません。いったいなんだろうと調べてみた結果、「飛蚊症(ひぶんしょう)」という単語にたどり着きました。

 

飛蚊症とは

飛蚊症は目の前を蚊が飛んでいるように見えることからそう名付けられたといいます。その蚊のようなものは透明なのであまり自覚する機会がないそうなのですが、私のように白い壁を見た時に気がつく人も多いようです。

 

飛蚊症は加齢とともにおこる目の変化と言われています。加齢といっても10歳以上の人間ならば誰にでも起こりうる現象なので、そこまで心配することはないみたいです。

 

しかし中にはストレスによるものや、紫外線やブルーライトに浴びすぎたことが原因で起こる場合もあります。つまり目がとっても疲れていて、ケアーが必要だというサインでもあります。

 

ほっといても中々改善しない場合は後者の原因に注目した方がいいと思います。また飛蚊症をきっかけに様々な目の病気が発覚する場合もありますので、心配な人は眼科に行くことをオススメします。私も色々やってみて改善しない場合は眼科に行こうと思います。

 

飛蚊症を改善するには

1.目を紫外線から守る

目に日焼け止めを塗ることはできないので、サングラスをかけるなり、日傘をさすなりして目を紫外線から守りましょう。また有名な話ですが、目から入り込んだ紫外線は肌にシミを作ったりとトラブルのもとになりやすいのでキレイな肌を保ちたい方は目から入る紫外線にも注意しましょう。

 

2.目を休ませる

目は体の中で最も働きやさんです。常に働いていて、なかなか休むことができません。ですので目の疲労というのは回復しづらいんです。ただでさえ蔑ろにしてしまいがちなので、意識してケアーしてあげましょう。

 

大事なのは目と目の周りを温めることです。マッサージをするもよし、蒸しタオルなどで温めるもよし。温めることで疲労した目がリラックスして休むことができます。

 

3.ストレスをためこまない

ストレスとの付き合いってなかなか難しいですよね。誰だって過度なストレスは背負いたくないものですが、そうはいかないのが現代社会です。ストレスがたまると飛蚊症だけでなく、体調を崩したり、一気に老け込んでしまったりと良いことがありませんので、自分にあったストレス解消法を見つけることが大事でしょう。

 

私の場合は休日に好きなだけ寝ることと友人と行くカラオケが良いストレス解消になっています。人によってストレス解消になる行動は違うと思いますので、色々と試してみるといいと思います。

 

まとめ

飛蚊症は痛いとか辛いとは大きな被害はないのですが、得体のしれないものがチラチラと視界を横切るのでストレスがたまります。集中力が途切れる原因にもなったりしますので、はやいところ改善していきたいです。

 

私の目のバイブルとなっている以下の本にも飛蚊症のことが書いてあります。もしより深刻な人は読んでみると良いと思います。

 

目は1分でよくなる! ─あなたの目がよみがえる7つの視力回復
kindle Amazon 楽天