ケセラセラ

平凡な成人女の絵日記ブログです。

【全3巻以内】kindle化しているオススメ青年マンガ3選【暗め】

スポンサーリンク  

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/413ARoH%2BldL._SY346_.jpg

 

こんにちは、ちさとです。

 

今回はおすすめの青年マンガをご紹介します。すべてが全3巻以内で完結している作品です。明るい雰囲気の作品よりも暗い雰囲気の作品が多いです。またすべての作品がkindle化されています。

 

ウツボラ

ウツボラ(1)
kindle Amazon 楽天

・全2巻

 

まずは「ウツボラ」という作品をご紹介します。表紙の絵柄に惹かれて購入した青年マンガです。主なストーリー内容は表紙の雰囲気を裏切らない全体的に重く暗い雰囲気で進むミステリーものです。

 

ーーあらすじーー

 

事の発端はとある女性の飛び降り自殺。顔が潰れ、誰なのかもわからない死体の正体は唯一の所持品である携帯電話により「藤乃朱」という美少女であったことが判明する。朱の携帯電話に残っていたたった二つの通信履歴により小説家である溝呂木(みぞろぎ)と双子の妹を名乗る三木桜(1巻の表紙の人物)は警察に呼ばれ、そして出会った。朱の死と桜の登場に異常なまでに動揺する溝呂木に向かって桜はこう告げる。「溝呂木が書いた作品『ウツボラ』は盗作である」と。

 

ーーーーー

 

 

「朱の死」「双子の正体」「ウツボラの盗作疑惑」これら3つの謎が美しく独特な絵柄で官能的な表現を織り交ぜて描かれています。私は1回読んだだけでは物語の全容を理解することはできませんでした。何度も読み返して、考察サイトを読んで、それでやっと理解することができました。それは私に推理力がないからなのかはわかりません。でもたくさんの感想を見ていても「1度読んだだけでは理解できない」というコメントを見かけました。

 

ウツボラ」の中にはっきりとした確信的な表現はないに等しく、ほどんどが曖昧な表現で描かれています。だからこそ読者は物語の全容を一度では理解できないんだと思います。でもよくよく読めば、たくさんの伏線が描かれています。注意深くその伏線を見つけ、読み解いていけばきっと一度読んだだけでも物語の全容を理解できると思います。なのでミステリー好きな人は力試しに読んでみるのも楽しいかもしれません。

 

アダルト的な表現がものすごく多いので苦手な人は注意をしてほしいのですが、大丈夫という方にはぜひ読んでもらいたい青年マンガの1つです。読むときは背後に注意です。私は親がいるリビングで読んで後悔しました。本当に気を付けてください。

 

[まとめ買い] ウツボラ
kindle

新品価格
¥1,080から
(2017/8/23 17:42時点)

あそびあい

あそびあい(1) (モーニングコミックス)
kindle Amazon 楽天

・全3巻

 

おすすめの青年マンガ2作品目は「あそびあい」。主な内容は恋愛ものだと言えるはず。ただ少女マンガのようなピュアでキレイな世界観ではありません。どの登場人物にも良いところと悪いところがあって、完璧な君子がいないのがとてもリアル。人によっては読んでいてイラッとくるキャラなんかもいるかもしれません。ポップな表紙がとっても好きです。

 

ーーあらすじーー

 

山下は同じ高校に通う小谷(1巻の表紙の人物)のことが好きで、彼女を独占したいと思っている。だから告白したのだがフラれてしまった。けれど小谷は山下とエッチをしてくれる。いや、小谷は山下とだけでなくいろいろな人ともしてしまう。自分の欲望と快楽に素直すぎる小谷は本気で思っている。「どうしていろんな人とエッチしてはいけないの?」と。

 

ーーーーー

 

簡単に言い換えるととっても貞操観念のうすい小谷さんと、そのことを知りつつも彼女に恋心と独占欲を抱く山下くんのお話です。正直いって評価は賛否両論です。だからレビューの高さはちょうど中間ぐらい。「面白い」「良い作品」というコメントと同じぐらい「つまらない」「気持ち悪い」というコメントもあります。

 

批判的な感想で多く寄せられている「小谷さんが理解できない」というコメントにはとても納得できます。私も小谷さんのことは理解できませんが、その「小谷さんの何を考えているかわからない感じ」が作品を面白くしていると思っています。小谷さんが理解できないからこそ「ストーリーがどこに向かっていくのかわからない」「先が読めない」。だから最終話まで読み続けました。

 

あと貞操観念がうすいキャラって外見が派手で口の悪い少女として描かれることが多いのですが、小谷さんは黒髪でメイクや服装にあまり関心のない地味で貧乳な外見で描かれています。そして露出の高い服を着て誘惑するんじゃなくて、いつもニコニコと笑って害がないことをアピールしてそれに安心した男性が落ちてくるのを待っている。女性からしたら「なんであの子がモテるの!?」と言われる典型な小谷さんをストーリーを通して男性目線で見れたのは楽しかったです。

 

もし作品の登場人物に共感して「あるある」「わかる」と言いながら見たいのであればつまらない作品かもしれません。ただ自分の知らない価値観に触れたいと思う人は私のようにハマるかもしれません。

 

清楚系ビッチ・小谷さんが気になる人は読んでみてください。

 

[まとめ買い] あそびあい(モーニングコミックス)
kindle

新品価格
¥1,620から
(2017/8/23 18:20時点)

ひばりの朝

ひばりの朝 (1) (FEEL COMICS)
kindle Amazon 楽天

・全2巻 

 

 「ひばりの朝」は大好きな漫画家・ヤマシタトモコさんに出会うきっかけとなった作品です。ひとりの少女・ひばりについて語る群青劇です。独特な絵柄で描かれた淡くも残酷な世界観がとても心に残ります。良い作品とも悪い作品とも言い難く、言い表すならば「後味の悪い作品」。「ひばりの朝」を読んで「すっきりした!」という感想を残すひとはまずいないでしょう。

 

ーーあらすじーー

 

今年14歳になった少女・ひばりは大人しい性格と発育のよい体つきのせいで周りから浮いた存在。彼女を見る男の目はいやらしく、彼女を見る女の目は敵意にみちている。ある人は彼女のことを「魔性」と評価した。しかしある人は彼女のことを「平凡」と評価する。いったいどの評価が正しく、どれが本当の彼女なのか。

 

ーーーーー

 

話ごとに語り手が変わります。ひばりにいやらしい気持ちを抱く男性の視点だったり、彼女に敵意を抱く女性の視点だったり様々です。

 

ストーリーの中でひばりは一度だって男性を誘惑したりしていません。いたって普通の中学生として振る舞っています。それなのに男性キャラは勝手に「誘惑してきた」と勘違いします。それはまるで満員電車で痴漢をして捕まった男性が「スカートをはいて誘惑してきたのは女性の方だ」と責任転換するような理不尽さです。

 

そんな全女性を怒らせるような理不尽さを向けられているのにひばりを助けてくれる女性キャラはいません。むしろ敵視されています。きっとひばりが明るくてオシャレなスクールカースト上位の人気者だったら周りの女性はここまで敵視しないでしょう。しかし大人しく特別美人でもないひばりだからこそ「なんで」という疑問が生まれ、「私のほうが」という劣等感が生まれ、敵意が生まれる。

 

私は女なので、女性視点でひばりを語る話にはけっこう共感しました。勝手に自分と相手の順位を決めつけて、安心したり恐怖を感じたり。「なんの順位」かは人それぞれですがきっと誰にでもあることだと思います。とくに下だと思っていた相手が自分より上だと気づいた時の焦りや憤りは心を不安定にさせる。そしてどうやったらまた自分が上にいけるのかと考えた時、「陥れる」という選択肢が頭に浮かんでもしかたがないことだと思います。思い浮かべるだけにとどめるのがお互いのためですけどね。

 

ひばりの朝」は淡々と静かに展開していきますが男性の悪いところと女性の悪いところと人間の怖いところが濃く描かれた青年マンガです。人間模様を描いた作品が好きな人は読んでみてはいかがでしょうか。

 

[まとめ買い] ひばりの朝(FEEL COMICS)
kindle

新品価格
¥1,080から
(2017/8/24 00:04時点)