ケセラセラ

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

女性が「地味・普通・ダサい」と感じる女性が男性にモテるのはなぜなのか③


スポンサーリンク  

女性が「地味・普通・ダサい」と感じる女性が男性にモテるのはなぜなのか

 引き続き「女性が「地味・普通・ダサい」と感じる女性が男性にモテるのはなぜなのか」について書いていきます。

 

男性にモテる女性とは「自分を受け入れてくれそうな女性」です。そんな女性の特徴は下記の通りです。

 

  • 誰にでも平等に優しい
  • ファッションがシンプルで無個性
  • 露出が激しくない
  • すっぴんもしくは薄いメイク
  • 笑顔でいることが多い
  • 声が優しい

 

こういう女性を男性は求める傾向があります。

 

前回の記事では「ファッションがシンプルで無個性」「露出が激しくない」「すっぴんもしくは薄いメイク」に関して書きました。所謂「外見」に関してのお話しです。そして結論は「外見の主張が大人しい方がモテるし、美人に見える」というものになりました。

 

そう、結局は「モテるのは美人に見える人」だと言うことです。ここで注目してほしいのは「美人に見える」ということです。つまり容姿の良し悪しではなく全体の雰囲気が大事なんです。

 

「目が小さいから美人に見えない」「鼻が低いから美人に見えない」そんなことに悩まなくてもいいんです。10m先から見て美人に見えれば美人扱いされます。

 

詳しくは前回の記事を読んでください。

 

 

今回は「自分を受け入れてくれそうな女性」の特徴から「誰にでも平等に優しい」「笑顔でいることが多い」「声が優しい」という内面的な要素について書いていきます。

 

はっきり言って外見よりも内面の方が大事です。美人には見えず服装も無頓着なのに結婚が早かった女性や、野暮ったくて地味なのに魅力的な彼氏を連れている女性はものすごくコミュニケーション能力が高く、人間性が高い女性たちばかりです。

 

外見ももちろん大事です。あまりにも不潔だったりすると恋愛対象どころか人間としても扱ってくれません。

 

でも最低限でいいんです。普通でそれなりだったらいいんです。人形のようにキレイすぎたりすると「別の生き物」扱いされてしまいます。

 

そして男性もバカではないので最終的には女性を内面で判断します。とくにたくさんの女性と交流があり、たくさんの女性から言い寄られてきた魅力的な男性こそ内面で勝負しなくては選んでくれません。

 

「可愛いのに一緒にいると疲れる」「美人だけど一緒にいると辛い」そんな女性が選ばれるわけありませんよね。どんな男性も一緒にいると楽しくて居心地の良い女性がいいんです。

 

ではそんな「モテる内面」…「自分を受け入れてくれそうな女性」の内面についてです。

 

スポンサーリンク  

 

誰にでも平等であるということ

 誰にでも平等に接する女性とはどういう女性のことなのか。説明しなくてもわかることだとは思いますが、「誰の事も特別扱いしない」ということです。つまり魅力的な男性や立場が上の男性の前でだけ猫なで声になったり、笑顔が増えたりする女性は誰にでも平等に接しているとはいいません。

 

「特別扱い」って良いことのように思いますよね。特別扱いされた人が嬉しくなると思っているから、きっとみんな辞めないのでしょう。

 

私の女友達に可愛い女性や美人だけ特別扱いする子がいます。その子は可愛い女性や美人と遊ぶとSNSで「〇〇ちゃんは本当に可愛い!」「▲▲はなんでそんなにキレイなの!」と必ず呟きます。しかしちょっと太っている子や見た目に無頓着な子と遊んでもそんなこと呟いたりしません。

 

もし自分がこの子と遊んでもSNSに「可愛い」「キレイ」と呟かれなかったらどう思いますか。「私は可愛くないんだ」とショックを受けたり、嫌な気持ちになりませんか。誰かを特別扱いするってこういうことなんです。特別に扱わなかった大多数を傷つけているんです。そして陰で嫌な奴だと思われます。

 

よく女性は「男って可愛い子や美人には優しいのに、そうでもない子には冷たかったりするよね」みたいなことを言いますが、それは多くの女性にも当てはまります。

 

そして恐ろしいのがほとんどの人が無意識なんです。先ほど例にあげた女友達も無意識に行っています。「この人に好かれたい!」って気持ちが無意識にさせているんだと思います。

 

特定の誰かを特別扱いする女性は、女性が大嫌いな「ぶりっこ」と同じです。「ぶりっこ」ってウザいですよね。目についてイラッとしますよね。誰かを特別扱いしている人は周りにそう思われているんです。そりゃあ男性も離れていきますよ。

 

「でも特別扱いした男性は自分に好意的になるでしょ?」という考えの人は甘いですー! 男性をバカにしすぎている!

 

男性は確かに女性よりも視野が狭いと言われています。しかし男性には女性よりも周りを客観的に見ることができる冷静さがあるんです。

 

とくに気になった女性の行動は冷静に見ていて、「あの子は俺には優しかったけど、他の奴にはどうなんだろう」ってさりげなく観察しているんです。そして自分の時と他の男性の時では明らかに態度が違うと「やめとこう」ってなります。そんな女性は周りからの評判も悪いですからね。

 

女性を見る目が養われている魅力的な男性なんてとくにそうです。「気に入られたい」「あわよくば付き合いたい」という下心が丸見えだと相手を引かせます。

 

私たちが一目見て気に入るようなかっこいい人って、女性からアプローチされ慣れています。だから下心を感じさせてしまうと「またか…」と思われて、とくに好みでなければ「興味のない女性たち」という山にポイッと分類されて終わりなので、気をつけましょう。

 

引用:銀座No.1ホステス&心理カウンセラーが教える モテようとしなくてもモテる女になれる本 (大和出版)

 

 「好きな人からは好かれない」「どうでもいい人には好かれる」こんな言葉をよく聞きます。そしてなかなか自分を好きになってくれないからこそ、その男性にハマってしまう女性は多くいます。

 

それは言い換えると「自分を好きだとわかりきっている人」に魅力を感じないということ。自分の思い通りにならないからこそ、その人は魅力的なんです。

 

誰にでも平等に接する人は誰にでも平等に接するがゆえに「自分のことが好きなのかはっきりわからない」と思われて男性の目には魅力的に映るのです。また周りからの評価も高いので「価値のある女性」として求められ、「自慢の彼女」として愛されます。

 

でもここで勘違いしてはいけないのは「誰にでも平等に"優しい"」ということです。誰にでも平等に「失礼」だったり、「不愛想」だったりするのはダメです。それではただの嫌な人です。昔の私は誰にでも平等に無愛想だったのでかなり孤立していました。

 

優しさを演出するためには「笑顔」が大事です。笑顔が多いだけで「優しそうな人」と思われます。笑顔を意識し、さらに声も意識できれば完璧です。

 

声は飛び道具です。遠くまで自分の存在を届けることができるのは声だけです。そしてその声は思っている以上に大きな影響力があります。

 

知り合いに俳優の岡田将生さん似のかっこいい男性がいるんですが、とっても声が個性的なんです。ヘリウムガスを吸った後の声のような、高くて上ずったような声なんです。そのため「かっこいいのに残念」とよく言われています。身長も高くて、高収入なのに「残念」だと周りの女性から言われて、冷めた目で見られているんです。

 

それだけ声って大事なんです。

 

また「スパルタ婚活塾」という本でも声について書かれています。それは「どれだけ美人でも、男から口説かれなくなる悪魔のオーラ」について書かれた文章です。

 

「もしかしたら、例のオーラを持つ女じゃないか?」

と思い振り返ってみたところ、予想どおりだった。

このときは、声のトーンで分かった。

声が少し大きめで、何かを責めるような、攻撃するようなトーンなのである。

笑い声も大きい。

そしてその笑い方が微妙に下品なのである。

 

引用:スパルタ婚活塾

 

 友人に上記の文章通りの話し方をする女性がいます。その子はフリーアナウンサーホラン千秋さんによく似たはっきりとした顔立ちで、服装も女性らしく、肌が特別汚いとかもないです。明るく、誰にでもフレンドリーで真面目で努力家。でも驚くぐらいモテないです。

 

よく「なんでこの子はモテないんだろう」と疑問に思っていたのですが、「スパルタ婚活塾」を読んで納得しました。そう彼女は声が優しくないんです。

 

別に誰かを批判しているわけでもない。言葉遣いが悪いわけでも、性格がきついわけでもない。なのに声が優しくないだけでそういう話をしているように聞こえるし、そういう性格だと思われる。しかも男性からモテなくなってしまうなんて損ですよね。

 

 だから声って思っている以上に大事なんです。「高い声を出せ」といっているわけじゃないんです。低い声には低い声なりの魅力があります。

 

  • 早口をやめる
  • なるべくゆったり話す

 

 これだけで優しい声は聞こえます。

 

因みに「どれだけ美人でも、男から口説かれなくなる悪魔のオーラ」が出てしまう原因は声以外にもたくさんあります。

 

  • 声が優しくない
  • 服とメイクの色が若干濃い
  • 自虐ネタを多用する

 

 などがあげられます。私の周りの「長い間、恋人がいない女性」にはほとんど当てはまります。そして20代後半に入ってからこの項目に当てはまる女性がぐんっと増えました。

 

もし30代になってから婚活を始めようという人なんかは特に気をつけてください。

 

「どれだけ美人でも、男性から口説かれなくなる悪魔のオーラ」の詳細を知りたい方は「スパルタ婚活塾」を読んでみてください。ためになりますし、普通に面白いです。

 

 以上、「女性が「地味・普通・ダサい」と感じる女性が男性にモテるのはなぜなのか」でした。

 

 

スポンサーリンク  

 

参考にした本

 

銀座No.1ホステス&心理カウンセラーが教える モテようとしなくてもモテる女になれる本 (大和出版)
kindle Amazon 楽天

女性が「地味・普通・ダサい」と感じる女性が男性にモテるのはなぜなのか

スパルタ婚活塾
kindle Amazon 楽天

女性が「地味・普通・ダサい」と感じる女性が男性にモテるのはなぜなのか