ケセラセラ

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

自信を持ちたいのなら、誰かのために行動する


スポンサーリンク  

自信を持つ方法 誰かのために行動する

 「可愛くなりたい」「キレイになりたい」「魅力的になりたい」「モテたい」そう思う人へのアドバイスとしてよく登場するのが「自信をもつこと」だと思います。自信を持つだけで、可愛くも見えるしキレイにも見えるし、魅力的にも見えるようになりモテる。色々と調べている人なら、耳にタコができるほど聞いているのではないでしょうか。

 

確かに自信をもつことって大切だと思います。テレビに出ているキレイで魅力的な人たちが皆、自信に満ち溢れているのを見ると納得せざるをえません。自信が持てれば、魅力的な人になれますし、周りからも好意を寄せられやすくなりモテます。自信こそモテオーラの源とも言えるでしょう。

 

でも今までの人生で自信を持てなかったのに、そう簡単に自信を持つことができるのでしょうか。

 

「自分を褒めよう」「自分の良いところを見つけよう」そんなアドバイスに沿って試してみても、長続きした試しはないし、たとえ効果が得られたとしても短期的。もっとなにかないのだろうか。そう模索した結果、たどり着いたのが「誰かのために行動すること」です。

 

誰かのために行動すると自分に自信がもてる

誰かのために行動するということは、自分ではない誰かを手助けする・手伝う・助けるとも言い換えることができます。

 

例をあげるならばボランティア活動。地域のためのゴミ拾いでもいいですし、環境を守るために植物を植えることもいいです。もちろん被災地に出向いて支援活動することも当てはまります。

 

ボランティア活動に抵抗を感じたり、ハードルの高さを感じる場合はもっと身近なことでも問題ありません。コンビニの募金箱におつりの小銭を入れる、実家に住んでいるのならば母親の家事を手伝うことなども「誰かのための行動」に当てはまります。

 

誰かのために何かをするということは、一見自分だけが労働力や時間をさいているので損をしているように見えるかもしれません。

 

しかし実は労働力や時間をさく以上のメリットがあるのです。

 

スポンサーリンク  

 

誰かのために行動することのメリット

人には自尊心というものがあります。よく聞く単語だと思いますが、自尊心とは「周りに自分の価値を認めてもらいたい」という欲求です。

 

自尊心は誰でも持っている欲求で、「良い学校に入って褒められたい」「出世して周りから認められたい」「SNSに自撮りを投稿して人気者になりたい」といった考えが当てはまります。

 

自尊心は自信に通じています。自尊心が満たされている人は、自信のある人なんです。

 

テレビなどで見るキレイな人や魅力的な人は、自分の価値を知っています。褒められることも多く、好意を寄せられて求められることも多いので、自然と自尊心が満たされているのです。だからこそ自分の価値の高さを知ることができ、自信が持てるのです。

 

では自尊心とはどうすれば満たされるのか。先ほどの例を持ってくるならば、良い学校に入ることも、出世することも、人気者になることでも自尊心は満たされます。でもこれらはなかなか得ることが難しいですよね。下手をすればかなりの時間が必要ですし、必ずしも実現できるとは限らない。

 

そこで提案したいのが、「誰かのために行動する」ということです。

 

自分に自信のない人って、「自分には価値がない」「自分は周りから必要とされていない」という考えを持っているし、日々そう感じて生きていると思います。自信がない頃の私はそうでした。

 

自分に価値があると思えるようになるためにはどうしたらいいのか。周りから必要とされていると感じられるのはどんな場面か。

 

それは誰かのために行動し、「役に立っている!」と思えた時です。

 

他者に働きかけ、「わたしは誰かの役に立っている」と思えること。

他者から「よい」と評価されるのではなく、自らの主観によって「わたしは他者に貢献できている」と思えること。

そこではじめて、われわれは自らの価値を実感することができるのです。

 

引用:嫌われる勇気

 

 誰かの役に立っている実感が得られると「必要とされている」「生きていていいんだ」と思うことができ、自分の価値の高さを知ることができます。そしてそれは自信へと繋がります。

 

また実際に誰かの役にたった時って「ありがとう」とお礼を言われたりしますよね。そうなればさらに自分の価値を感じれるようになり、嬉しくてポジティブな気持ちになると思います。自分に自信がある人に明るくてポジティブな人が多いのはそういうことなのです。

 

例えばアイドルグループ・HKT48に所属する指原莉乃さん。指原莉乃さんって昔はかなりのネガティブキャラで通ってましたよね。雰囲気もどこか暗く、あか抜けないイメージがありました。

 

しかし総選挙で1位を取り始めてから、どんどんと明るくキレイになっていきました。それはきっと総選挙で1位をとったことにより「周りに認められた」「必要とされている」「求められている」と感じることができ、自分に自信がもてるようになったのだと思います。

 

自信が持てれば世界は明るく、優しいものに感じれます。「必要とされている」「役に立っている」「価値がある」と感じれることはそれだけ大きな影響を与えるのです。

 

人生をよりよい方向に変えるには他者の人生を助けるしかない

 

引用:スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

 

 「募金箱にお金をいれる」「家事を手伝う」「ペットの世話をする」「電車で席をゆずる」「友人の悩みを聞く」「ブログを書いて情報を発信する」「周りの人に優しくする」「誰かを思いっきり愛する」、誰かのためにできる行動はたくさんあります。 

 

1日1回で十分です。誰かのために何かをしてみてください。

 

それは必ず自分のためになるし、自分を成長させてくれます。

 

脳が変わると、人は変わる。

それは科学で証明された事実だ。

でも、もっとすごい真実は、心が変わるとすべてが変わるということだ。

世界に対する自分の見方が変わるだけでなく、自分に対する世界の見方が変わる。

そして自分に対する世界の反応が変わる。

 

引用:スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

 

スポンサーリンク  

 

参考にした本

 

自信を持つ方法 誰かのために行動する

嫌われる勇気
kindle Amazon 楽天

自信を持つ方法 誰かのために行動する

自信を持つ方法 誰かのために行動する

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック
kindle Amazon 楽天

自信を持つ方法 誰かのために行動する