ケセラセラ・人間関係の悩みについて

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

おすすめ記事20

人生を良いものへと変える方法が学べる小説3選

サラとソロモン: 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

 今回は色々と学べることが多いと思った小説を3つ、ご紹介したいと思います。

 

私は本を読むのが好きなのですが、小説を読むのは苦手です。よっぽど内容に興味がもてないと「先が気になる」という気持ちにならないので、読み続けることができないんです。

 

でも今回ご紹介する3冊の小説は、どれも最後まで楽しく読むことができました。「なるほど」「そうなんだ」と学べることが多かったのが最後まで読むことができた要因かと思います。

 

ぜひ空き時間に活用してください。

 

スポンサーリンク  

運命の恋をかなえるスタンダール

運命の恋をかなえるスタンダール

運命の恋をかなえるスタンダール
kindle Amazon 楽天

運命の恋をかなえるスタンダール

【あらすじ】

恋愛経験がなく、誰とも付き合ったことのない万平聡子は、勤務先である図書館で一目ぼれを体験しました。誰が見ても魅力的な彼への思いはどんどん募っていくが、経験がないせいでどうしていいのかわからない。そんな聡子の前に、スタンダールとなのる初老の男性が突如現れ、恋愛のアドバイスを始めます。

 

「モテ」について調べていた時に出会った小説です。

 

筆者の水野敬也さんは男性向け恋愛本「LOVE理論」や女性向け恋愛本「スパルタ婚活塾」を書かれたかたで、よく「モテ」や「恋愛」を題材に本を出版されています。そういった「モテ」や「恋愛」を題材にした本の中でも、「運命の恋をかなえるスタンダール」は小説形式で書かれたものです。

 

タイトルになっている「スタンダール」とはフランスの小説家であるあのスタンダールです。「赤と黒」などが有名ですが、「運命の恋をかなえるスタンダール」で取り上げられているのは「恋愛論」です。

 

運命の恋をかなえるスタンダール

恋愛論新潮文庫
kindle Amazon 楽天

運命の恋をかなえるスタンダール

もちろん「恋愛論」を読むのもいいでしょう。「恋愛論」を読んでから「運命の恋をかなえるスタンダール」を読んだら、より楽しめると思います。

 

でもいきなり「運命の恋をかなえるスタンダール」から読んでも何の問題もありません。むしろ「恋愛論」をちらっと読んでみて「難しそうだな」と感じたならば、「運命の恋をかなえるスタンダール」を読んでみるのもひとつの手でしょう。現代の言葉でわかりやすく「恋愛論」を解説してくれるので、読みやすいと思います。

 

以下では私が読んでいてラインを引いた好きな言葉たちをご紹介します。

 

美は看板として必要である。

 

引用:運命の恋をかなえるスタンダール

 

女は恋人を選ぶにあたって、彼女自身が男を見る気持ちよりも他の女が彼を見る態度を重んじる。男もまた然り。

 

引用:運命の恋をかなえるスタンダール

 

一般的にお洒落じゃない者は、上着、スカート、靴など、自分が良いと思ったものを個別に選んでしまう傾向がある。

 

引用:運命の恋をかなえるスタンダール

 

 もし興味を持ったのならば、お手に取ってみてください。

 

運命の恋をかなえるスタンダール

運命の恋をかなえるスタンダール
kindle Amazon 楽天

運命の恋をかなえるスタンダール

スポンサーリンク  

サラとソロモン: 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

サラとソロモン: 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

サラとソロモン: 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
kindle Amazon 楽天

サラとソロモン: 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

 【あらすじ】

 少女・サラは毎日憂うつな日々を過ごしていました。学校生活、人間関係、何もかもが上手くいかずに不満を感じていたサラの前に不思議なふくろう・ソロモンが現れました。ソロモンはサラに「君の幸せは、周りの状況で決まるものなの?」と尋ね、サラの日々が「良いもの」になるためのアドバイスをし始めます。

 

「読んでいて幸せな気持ちになるほっこりとしたものが読みたい」そんな気持ちで本を探していた時に出会ったのが、この「サラとソロモン」です。実際に読んでいて、どんどんと幸せを手にしていくサラに同調してほっこりとした幸せな気持ちになりました。

 

小学生でも読める「引き寄せの法則」について書かれた本として有名な「サラとソロモン」はわかりやすく簡単な文章と、1章1章が短く構成されているので小説が苦手な私でもすらすらと読むことができました。

 

ただほんの少しソロモンの言葉が回りくどいので「ん?」と思うことがありましたが、もう一度読み返せばちゃんと理解できます。

 

引き寄せの法則」と聞くと「願ったことが現実になる」といううたい文句があり宗教じみていると懸念されがちですが、「ポジティブ思考の人の方がネガティブ思考の人よりも人生うまくいく」と言われたらなんとなく納得できませんか。「サラとソロモン」では「引き寄せの法則」という言葉は出てきせんが、そういう「ポジティブ思考な方が人生うまくいくよ」といったニュアンスで書かれた小説です。

 

サラの抱えている不満は、一般的なものばかりです。「良いことが起こらない」とか「良い人たちに恵まれない」とか学校生活や人間関係に関するもの。それに対してソロモンが色々とアドバイスをしてくれるので、読んでいると「なるほど」と学べることが多いです。

 

以下では私が読んでいてラインを引いた好きな言葉です。

 

ほとんどの人々は、まず最初に完璧な状況を見つけなければならないと考えている。そして完璧な状況を見つけなら、やっと「幸せになる」という反応ができると考えているんだ。でも、こう考えているから、人々はひどい挫折感を感じてしまうことになるんだ。なぜなら、状況をコントロールすることは自分にはできないということが、すぐにわかるからだ。

 

引用:サラとソロモン: 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

 

 興味のある人は読んでみてください。

 

サラとソロモン: 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

サラとソロモン: 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣
kindle Amazon 楽天

サラとソロモン: 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

スポンサーリンク  

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック
kindle Amazon 楽天

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

 【あらすじ】

さびれた田舎町の貧乏な家庭で生まれた少年・ジムはある夏の日に「人生をかえるマジック」を知っているというルースに出会う。 ルースの元に毎日通い、「人生をかえるマジック」を習得したジムの人生はどんどんと変わっていき…。

 

「マインドフルネス」について知りたいと思った時に購入したのですが、買って読み始めてから小説であることに気づきました。

 

 マインドフルネスとは瞑想や座禅に近いもので「今この瞬間に集中する」ことです。Google社などのたくさんの企業で取り上げられており、その効果は「集中力向上」「ストレス軽減」「自律神経の回復」と様々です。

 

「人生の扉を開く最強のマジック」はそのマインドフルネスのさきがけともいえる本で、やり方から効果まで事細かに書いてあります。

 

正直、この本に書いてあるやり方を完璧にまねするのは難しいです。でもできることからはじめてみると、必ず効果はでます。意味もないのにスマホをダラダラといじっている時間の活用に、この本はオススメです。

 

「脳」について色々と書かれていて、「へぇー」と思える部分が多いです。

 

下記は私が読んでいて気に入った言葉です。

 

脳のもうひとつの不思議なふるまいは、見慣れないものよりも慣れ親しんだものを必ず選ぶということだ。未来の成功を思い描くことで、僕はその姿を脳に慣れ親しませていた。

 

引用:スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

 

脳が変わると、人は変わる。それは科学で証明された真実だ。でも、もっとすごい真実は、心が変わるとすべてが変わるということだ。世界に対する自分の見方が変わるだけでなく、自分に対する世界の反応が変わる。

 

引用:スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

 

「自分を変えたい」「ネガティブ思考をポジティブ思考にしたい」そんな人にもオススメですし、引き寄せの法則に近いものもあるので引き寄せの法則に興味がある人にもオススメです。

 

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック
kindle Amazon 楽天

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック