ケセラセラ・人間関係の悩みについて

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

おすすめ記事20

継続の先に「結婚」や「昇格」といった変化がある

継続の先に「結婚」や「昇格」といった変化がある

ふっと目についた記事が、私が愛読している本を紹介していました。「人生は20代で決まる」、恐ろしくも衝撃的なそのタイトルはいまでも私の胸に突き刺さります。

 

私自身、20代後半の年齢にはいりまして様々な変化を肌で感じています。一人暮らしをはじめた友人、昇格した友人、結婚をした友人、様々です。

 

そういった変化を感じるたび、驚きよりも「やっぱりか」「やっとか」と感じることの方が多いです。一人暮らしをはじめた友人は以前から「一人暮らしをしたい」と準備を進めていた子ですし、昇格した友人も新卒から同じ会社にずっと務めていますし、結婚した友人も学生時代から付き合っていた恋人との結婚です。

 

「寝耳に水」的な変化はほとんどなく、すべての変化に前兆がありました。そのことから、「継続の先に変化がある」のだと痛感しました。

 

スポンサーリンク  

いま継続してるものは未来に「良い変化」をもたらしてくれるだろうか

平均よりも多くの収入を得ている人は、20代の頃から「収入になる何か」を継続させて行っています。例えばブログで大金を稼いでいる人は、若いうちからブログをはじめて継続している人がほとんどです。

 

結婚をした人は、やはり人との付き合いをずっと大切にしてきた人ばかりです。「職場に同性しかいない」と言っていた友人は20代前半から様々な方法で出会いを増やし続け、見事ゴールインしました。

 

「人生は20代で決まる」の中にも、「30代で起こる出来事や変化は20代で行ってきたことの結果」との記述がありますが、すでに20代後半に起きている出来事や変化は20代前半に行ってきたことの結果と言えます。

 

仕事の成功や財産を築くこと、プライベートの幸不幸などもっとも実生活と関わる経験は、差し迫ったドラマチックな場面とはまったく無縁の、ごく日常的な毎日、毎週、毎月を通じて進展していくということです。

 

引用:人生は20代で決まる TEDの名スピーカーが贈る「仕事・結婚・将来設計」講義

 

つまり一長一短で人は変われないということです。目標があるのならば、長い目で見てはやくから手をつけることが達成の近道になります。

 

私は20代前半の頃、やることなすこと中途半端でした。仕事も変えましたし、恋人も変えましたし、ブログも変えました。グダグダと悩み、行動する時間がとても短かったです。そのため20代後半に入った今、大きな変化を体験していません。

 

同じように職を転々としてきた友人はフリーターとなり安月給の日々を送っており、コロコロと恋人を変えていた友人は今もフリーです。

 

「嫌な職場でも長くつとめろ」とか「好きでもない恋人とながく付き合え」といいたいのではありません。ただ今おこなっていることが、5年・10年と未来に影響することを覚えておいてほしいです。

 

年を重ねれば重ねるほど、人は変化を嫌います。職場を変えることも、行動を変えることにも違和感を感じてストレスになるからです。

 

だから目標を達成するための小さな変化ははやいうちからしてしまったほうが得策です。

 

いつまでも元気でいたいならば運動を継続させましょう。いつまでも美しくいたいのならば今から食生活を改めましょう。お金持ちになりたいのならば、すぐにでもお金を稼ぐ方法を探しましょう。

 

「若いうちにできなかったことを老いてからやる」というのはかなり困難です。難易度マックスです。どう考えたって、若いころのほうが体力もあり、気持ち的にも元気だからです。

 

誰だって「こうだったらいいな」と思うことはあるはずです。「結婚したい」「会社に勤めずに生活したい」「お金に困らない生活を送りたい」、こういったなんとなく思っていることは十分に目標になります。

 

一番若い「今」、それにとりかかりましょう。じゃないとそれらはいつまでも「いいな」と思っているだけで、手に入りません。

 

そして「本当にほしい」と思う行動は継続させてください。継続させないと、その行動の意味はなくなってしまいます。

 

継続させるポイントは「楽しむこと」。嫌だなと感じることは、なるべく避けるようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク  

参考にした本

 

継続の先に「結婚」や「昇格」といった変化がある

人生は20代で決まる TEDの名スピーカーが贈る「仕事・結婚・将来設計」講義
kindle Amazon 楽天

継続の先に「結婚」や「昇格」といった変化がある