ケセラセラ

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

社会人になると出会いが減るのは本当


スポンサーリンク  

社会人になると出会いが減るのは本当

 こんにちは、ちさとです。

 

「社会人になると出会いが減る」とはよく言いますが、それは真理だなとつくづく痛感している昨今です。学生の頃と比べると、圧倒的に「関わる人の数」が減っていっています。

 

学生の頃は年に一回クラス替えがありました。当時はクラス替えほど不安を感じるものはありませんでした。それは皆そうだと思います。だって人は変化を嫌うものだから。でもそんなクラス替えがあったからこそ学生時代は出会いが多かったようにも思います。

 

クラス替えにより一年間同じ教室にいる人がシャッフルされます。つまり一年ごとにかかわる人ががらりと変わるわけです。だからこそクラスが変わるごとに新しい友人ができるし、好きな人が変わる人も出てきます。あの強制的な変化は、幼いころの私たちをたしかに変え、成長させてくれました。

 

しかし社会人になるとクラス替えはありません。人事異動がクラス替えに近いのかもしれませんが、年に一回の頻度で起こるようなものではありません。つまり同じ会社に長く勤めれば勤めるほど、関わる人が固定化されてしまうのです。

 

それは変化を嫌う人間にとっては安心感に代わるかもしれません。事実、私は社会人になってからの方が人間関係に関するストレスが減っています。しかし社会人になると出会いが減るということは、このように環境や関わる人が固定化されることによって起きるのだと思います。

 

しかも社会人の多くが平日は会社と自宅の往復しかせず、休日も「疲れているから」と自宅にいることが多いです。正直いって私もそうです。最近のことを思い返して、同じ人としか会っていないことに気がついて改めてびっくりしました。

 

同じ人としか会わず、行動範囲が狭い。だからこそ社会人は出会いが減るのです。

 

スポンサーリンク  

環境や行動の固定化が出会いを減らしている

 モテない。恋人ができない。結婚できない。これらの悩みは顔とか性格とか関係なく、単純に「人と会っていないだけ」が原因である可能性があります。

 

友人の数は少なくても問題ないです。メンタリストのDaiGoさんも言っています。でも「知り合いの数(この場合、浅くてゆるいつながり)」は多いに越したことはありません。

 

  • 半年ほど新しい人脈が増えていない
  • 同じ職場に3年以上勤めている

 

上記の項目が当てはまる人は、「人と出会う努力」をしたほうが良いかもしれません。

 

主な努力は下記の通りです。

 

  1. いつもと違う道を歩いて帰ってみる
  2. 初めてのお店に入ってみる
  3. 習い事を始めてみる
  4. 社会人サークルに入ってみる
  5. 婚活パーティーなどに参加する
  6. 本業後に接客業などの副業をはじめる

 

私も今回この記事を書いていて、「人と出会う努力」が自分自身にも必要だと感じましたので習い事かなにかを始めてみようかと思います。なんとなく、ここ数年ほど同じ人とばかりあっていることに不安を感じたからです。

 

人が成長するきっかけは、「読書」と「人と会うこと」だと聞きます。読書でさまざまな世界を知り、人と会うことでたくさんの価値観に触れることで一回りも二回りも大きくなれる。

 

そうやって人間性を高めていくと、コミュニケーション能力が高まるし、忍耐力も強まります。そうすると何が起こるのかといいますと、自分自身が幸せになれます。

 

自分に自信がもてるし、自信がもてることで自分のことが好きになるし、自分のことが好きになることで積極性が強まる。積極性が強まれば行動範囲が広がるので人脈が広がる(孤独感が薄れる)し、収入だってあがるかもしれません。

 

出会いの話から脱線してかなり自分本位な話になりましたが、まずは自分が楽しく幸せになることが生きていくためには重要なことなので、何事も自分本位な生き方でいいと思います。