ケセラセラ・人間関係の悩みについて

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

おすすめ記事20

【バチェラージャパン2】見栄をはったり、強がるほど自分の話ができなくなる

【バチェラージャパン2】見栄をはったり、強がるほど自分の話ができなくなる

「バチェラージャパン2」に出演していた若尾綾香さんについて書きたいと思います。ネタバレがありますのでご注意ください。

 

・バチェラージャパンとは

Amazonプライムで配信されている婚活サバイバル番組。20人の女性がイケメンで優秀な一人の男性・通称バチェラーを奪い合う。恋愛時の女性の行動や男性の振る舞いなどが観察でき、様々なブログで取り上げられています。2017年に放送されたシーズン1が話題になり、今回はシーズン2です。

 

【バチェラージャパン2】見栄をはったり、強がるほど自分の話ができなくなる

出典:Amazonプライム・ビデオより独占配信中の「バチェラー・ジャパン」特集ページ

 

若尾さんは美人揃いの出演者の中でもひと際目を引く容姿の持ち主で、職業はモデル。その容姿と誰ともつるまない高飛車な性格が相まって孤高の一匹オオカミを思わせる女性でした。

 

また「バチェラージャパン2」にも複数いた、女性と男性の前で振る舞いががらりと変わる人の一人だったのでその二面性に嫌悪感を抱いた人もいるかもしれません。私自身、序盤では若尾さんのことを「余裕があり、自分のすべきことがわかっている芯が一本通った人」だと認識していました。

 

しかし回を増すごとに、若尾さんの弱い部分や不器用な部分が見え隠れするようになり、「そんなに強い女性ではないのかもしれない。無理して悪女を演じているのかも」と思い始めました。

 

私は若尾さんほど美人でもなければ男性を手のひらで転がした経験もないのですが、彼女に親近感がわく場面がありました。それは「自分のことを話すのが苦手」ということです。

 

例えば第7話での話です。女性陣とバチェラーとの団らん最中、若尾さんは「今までどんな人と付き合ってきたの?」という質問をされます。すると彼女は戸惑ったように支離滅裂になり、「友人の下着も洗う」などと話さなくてもいいことまで話し出しました。

 

まだ第9話でバチェラーのご両親にあう場面でも、感極まって「バチェラーが私の仮面をはずしてくれた」など涙ながらに語りだしたりと、これまた言わなくてもいいことを言って場を混乱させてしまいます。

 

同じくバチェラーのご両親に会った小口さんと倉田さんが緊張しながらも冷静でいたために、若尾さんは何をテンパっているのかと思った人もいるでしょう。私はこれらの場面の若尾さんに自分を重ねて、切なくなりました。私も若尾さんと同じぐらい自分の話をするのが苦手だからです。

 

スポンサーリンク  

強がれば強がるほど、自分の話ができなくなる

若尾さんご本人に会ったことはないので、これはただ憶測にすぎませんが彼女は実際よりも自分を大きく見せる癖があると思います。これは努力家な人、見栄っ張りな人、周りからの評価を過度に気にする人によく当てはまります。

 

なぜ実際よりも自分を大きく見せるのか。見栄っ張りな私が出す答えは、「周りからがっかりされるのが嫌だから」です。

 

いやいや何を自意識過剰な、という言葉が聞こえてきそうですが誰かに期待されたことがある人ならばわかると思います。そしてその期待を裏切ってしまったときの相手のがっかりした顔はトラウマになるほど心をえぐります。それを見るのが嫌で、期待に応えようとしてしまうんです。

 

特に若尾さんは外見の印象から、本来の性格やスペック以上の期待を周りから受けていそうです。頭がよさそう、仕事ができそう、精神的に強そう、しっかりしていてなんでも自分でできそう。しかも若尾さんはとても努力家なので、その期待に答えようと周りが望むままにふるまうはずです。

 

私なんかでも本来の性格やスペック以上の期待を周りから受けます。ずぼらなのに真面目そうとか、モテない時代が長かったのに長く付き合っている恋人がいそうとか、人を気遣うのが苦手なのに優しそうとか。10年以上の付き合いになる友人だって「ちさとってなんだかんだ上手くいく人間だよね」と私の努力を無視して無責任にそう言ってきます。

 

そんなの気にしなければいいじゃんって自分でも思うのですが、一度でも望まれるがままにふるまってしまうとその仮面をはがせなくなってしまうんです。そして仮面をかぶり続けていると、「この子の中の私は弱音とか愚痴とか言わない」とか変な考えが浮かんできて、本当の自分をさらけ出したり本音を語れなくなってしまい、挙句の果てに「本当の自分てなに?」「本音ってなんだ?」という状況になり自分のことがわからなくなる。だから自分のことが話せなくなってしまうんです。

 

それで何が悲しいかって望めれるままふるまってきたはずなのに、「素を見せてくれない」とか「本音を語ってくれない」とか言われて仲が深まったはずの人が離れていくんですよ。

 

「バチェラージャパン2」でも若尾さんは途中で脱落しました。個人的に若尾さんとバチェラーは分かりあっていたと思うのですが、よくよく思いだせばほかの女性陣と比べると若尾さんがバチェラーに本音を語ったり自分のルーツとなる話をした場面って少なかったように思います。もしかしたらそれがバチェラーにとって壁に感じたのかもしれません。