ケセラセラ・人間関係の悩みについて

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

おすすめ記事20

女性の「かわいい」を作るのは顔だけにあらず

スポンサーリンク  

f:id:chisatomorehappy11:20180821230847j:plain

「顔が可愛い女性は得だ」というのは多くの人から聞く意見です。私もそう思っていました。だから顔が可愛い女性に憧れを抱くし、整形したいと思ったりします。

 

実際に顔がかわいい女性は、そうではない女性と比べて得することもあるでしょう。就活でも有利だと聞きますし、周りの注目も集めやすいはずです。

 

でもそれとは引き換えに、かわいい顔を持っているからこそ女性から「敵」として認知されやすかったり、男性から過剰な扱いを受けることもあるみたいです。

 

「そんなことわかっているけどかわいいといわれたい!」という意見の人もいるでしょう。私も思います。そしてこうも思います。「かわいい女性を作るのは顔だけではない」と。

 

私の周りにはよく「かわいい」と言われる女性が何人かいます。もちろん顔がかわいい女性もいますが、それぞれ顔のタイプは異なります。丸顔にたれ目で色白の「いかにも」な顔の女性もいますが、面長でつり目の女性もいます。そして顔がかわいくないのに「かわいい」と言われる女性もいます。

 

よくよく顔を見ると「あれ?かわいいのか…?」と疑問を持つけれども「かわいい」と言われる女性って意外といると思います。今までの人生で一度はそういう人に会ったことがあるのではないでしょうか。そういう女性は他の要素で「かわいい」を補っています。

 

かわいいって色々なもので補えるんです。それは声だったり、ファッションだったり、表情だったり、しぐさだったり。因みに私は声とファッションで補っています。

 

スポンサーリンク  

かわいいは色々なもので補える

例えば日本のアイドル。AKB48でもモーニング娘。でもそうですが、かわいい顔の女性とキレイな顔の女性の中に、ごくまれに「あれ?」と思うような女性が一人や二人は混ざっていることが多いです。そして意外にもそういう女性がとても人気があったりします。

 

例えば指原莉乃さん。総選挙で何度も一位になり不動の人気を誇っています。個人的にもかわいいと思うし好印象なのですが、顔だけで言ったらモデルもしていた小嶋陽菜さんや篠田麻里子さんの方がかわいいと思います。それでも指原莉乃さんはとても人気があります。

 

因みに指原莉乃さんは肌のキレイさとススタイル、そして人柄でかわいさを補っていると思います。例えば指原莉乃さんは胸はないですがとてもきれいな足をしています。そしてそれをアピールするように、足を露出したファッションを身にまとうことが多いです。そうやって自分のよいところをアピールできる人が、「自己プロデュース力の高い人」と言えるでしょう。

 

そして自己プロデュース力が高い人は自分の魅力を高めることができるんで、自然と「かわいい女性」に近づくことができます。

 

スポンサーリンク  

自己プロデュース力を高めるためには

自己プロデュース力を高めるためには、やはり自分を知ることが大事です。もちろんそれは悪いところだけではなく、良いところもです。むしろ自分の良いところをガンガン見つけていくことが大切です。そしてその見つけた良いところを強調するようにしましょう。

 

【例】

良いところ アピール方法
肌が白い 赤系のリップをつけて白さを強調
まつげが長い マスカラで強調、まつげパーマ等でキレイにあげて強調
髪がキレイ パーマなどをかけずにストレートで強調
指が長い マニキュアをつけて強調
足がキレイ 足を露出して強調、ヒールをはいて強調

 

これはほんの一例なので、強調の仕方はもっとたくさんあります。自分にあった強調の仕方を見つけてください。

 

そして嬉しいことに良いところを強調していくと、悪い部分がかすんでいきます。例えば「肌は白いけど鼻が低い」なんて人は肌の白さを強調していけば鼻の低さなんて周りにはどうでもよくなります。だって意外にも人は他人の顔をそんなにまじまじと見ないから。記憶の中の間近な人たちの顔もけっこう適当だと思います。みんな、そんなもんです。