ケセラセラ・人間関係の悩みについて

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

おすすめ記事20

パワースポット巡りにはまる女性は受け身で他人任せの人が多い

スポンサーリンク  

パワースポット巡りにはまる女性は受け身で他人任せの人が多い

こんにちは、ちさとです。

 

私の友人の中に数人ほど「パワースポット巡り」にはまりはじめた子が出てきました。

 

パワースポット巡りとは、神社とかお寺とか「ここに行ったら運気があがる」「ここに行ったら願いがかなった」と言われている神聖な場所をめぐって自分の運気をあげようとする行為です。パワースポット巡りにハマるのは女性が多く、女性がもつ趣味のひとつとしてよくカウントされます。

 

私も神社やお寺に行くのは好きです。特に都心にある神社なんかは自然が多くて空気がおいしく感じるので、たまに癒されにいっています。だからパワースポット巡りを楽しと思う気持ちは理解できます。散歩、みたいな感覚なんだと思っていました。

 

しかし最近になってパワースポット巡りにはまった友人の話を聞いて、そんな散歩感覚ではないのだと知りました。

 

その友人は職場での人間関係に悩んでいて、それが原因で精神的に参っていました。そしてすがるように神様のもとに行き、どうにか解決してほしいとお願いしたそうです。その結果、その子が退職することでその人間関係のトラブルから解放され、彼女は「神様のおかげだ」と喜んでいました。

 

その話を聞いて、私はとても不思議な気持ちになりました。退職を選んだのは自分の判断で自分自身で決めた未来なのに、なんで神様のおかげなんだろうか、と。

 

それから少し、パワースポット巡りにはまっている女性に話を聞いてみました。するとパワースポット巡りにはまっている女性に共通する点を見つけることができました。

 

彼女たちの共通点はものすごく受け身で他人任せだという点です。

 

例えば友人と遊ぶ際も自分から誘うことはなく、誘われるのをひたすら待つタイプです。どこかに行きたいという気持ちがあった場合も直接誘うことはせず「今、○○に行きたいんだよね」と願望を小出しにして、相手が気を利かせて「じゃあ、今度行こうよ」と言ってくれるのを待つのです。そして相手が気を使って誘ってくれないとすねたりする。

 

そしてかなり他人任せで、誰かと一緒にご飯を食べに行く時も「私はなんでもいいよ」と言って相手にすべてを選択させます。

 

こういう受け身で他人任せの人は男女問わずかなりいます。たぶん彼女たちからしたら「相手に合わせてあげている」という感覚なのでしょう。しかし本当は相手が運転する車に乗っているだけで楽をしているので、いつしかそれが嫌われる原因にもなってしまうのですが、本人たちはそれに気がつきません。

 

「何もしていないのになぜ嫌われるのか」と本気で悩んでる姿を見ると、「何もしないからだ」と言いたくなります。

 

パワースポット巡りにはまる女性は受け身で他人任せの人が多い

出典:凪のお暇(4)

 

 「凪のお暇」の凪はまさにそのタイプで、自分の意見を言わない受け身の性格です。それゆえに他人に振り回され、人間関係のトラブルからストレスを抱え込み過呼吸になってしまいました。

 

 

これは憶測ですが、退職することになった彼女もまた受け身すぎたせいで人間関係のトラブルが起こったのかなと考えています。

 

そんな受け身である彼女たちが自らの意志でパワースポット巡りに出かけるのは一見いい兆しのように思えるかもしれませんが、結局は神様に「自分の人生を良くしてください」と頼んでいるだけで自分で何かをしようとしないので他人任せの姿勢に変わりはありません。

 

「自分の人生をコントロールできている自覚のある人は幸福度が高い」という研究結果があるそうです。つまり、受け身で他人任せの人は色々と楽だけれど幸福とは言えないということです。だからこそパワースポット巡りに出かけ、神様に「もっと幸せになれますように」とお願いするのでしょう。今の自分が幸せではないと自覚があるから。

 

運に関する研究によると、自分のことを「不運だ」と思っている人ほど、根拠のないもの、スピリチュアル的なものに頼る傾向があります。

 

(中略)

 

自分の人生をどのくらい自分でコントロールできていると実感しているか。その度合いが高い人ほど、幸福だと感じるのです。

運を受け入れる準備をしないまま、運に頼ろうとする人は、自分ではコントロールできないものに身を預けた状態で、いつも不安を抱えることになります。

引用:運は操れる

 

そして、パワースポット巡りにハマる女性の多くは「今不運であることは自分のせいではない」と考えているのかもしれません。だからこそ、今後の未来も神様にゆだねるのでしょう。

 

人生は自分の選択で決まります。つまり今不運である人は自分でそういう選択をしてきたからだし、今成功している人は同じくそういう選択をしてきた結果です。

 

時として神様などにすがるのも悪くないかもしれませんが、そういうのはお腹が痛くなった時だけにして「自分の人生を決めるのは自分だ」と考えて突き進む方が困難に見えて案外幸せへの近道なのかもしれません。

 

 

参考にした本

 

パワースポット巡りにはまる女性は受け身で他人任せの人が多い

凪のお暇 4 (A.L.C. DX)
kindle Amazon 楽天

パワースポット巡りにはまる女性は受け身で他人任せの人が多い

パワースポット巡りにはまる女性は受け身で他人任せの人が多い

運は操れる
kindle Amazon 楽天

パワースポット巡りにはまる女性は受け身で他人任せの人が多い