ケセラセラ・人間関係の悩みについて

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

おすすめ記事20

【ダンジョン飯】カブルーから学ぶ、人に好かれる極意

スポンサーリンク  

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51CAtzRDioL._SY346_.jpg

 先日も「ダンジョン飯」に登場するマルシルについて書きましたが、今回はカブルーについて書きたいと思います。

 

ダンジョン飯」とはファンタジーグルメ漫画で、ダンジョンの中で魔物を料理して食べようというスタンスのコメディ要素の強い作品です。私はあまりファンタジーものの知識はないのですが、そんな私でも楽しく読める作品です。

 

カブルーはそんな「ダンジョン飯」に登場する人物で、褐色の肌と癖のある黒髪の持ち主です。

 

f:id:chisatomorehappy11:20181124175333p:plain

出典:ダンジョン飯(5)

 

初登場は2巻と早いのですが、その時はこんなに出番のあるキャラだとは思わず2巻以降は登場しないだろうとすら思っていました。しかしその後もなんだかんだ出番があり、とうとう物語の主要人物になりました。実力はまだまだですが、今後は主人公・ライオスたちと敵対する関係になるのではないかと推測しています。

 

そんなカブルーは人間観察が趣味で、ものの本質を見抜く力をもっています。またその力を使って相手が自分に好意を抱くようにふるまうことができ、仲間からは「人の懐に入るためならなんだってする男」と言われています。

 

f:id:chisatomorehappy11:20181124180346p:plain

出典:ダンジョン飯(6)

 

 主人公のライオスが人間に興味がなくあまり周りから好かれるタイプではないので、その対となる人物と言えます。今回はそんなカブルーについて書いていきます。

 

スポンサーリンク  

なぜカブルーは好印象なのか

カブルーは冒険者としてはまだまだの腕前です。そのため何度もダンジョン内で死亡しており、主人公・ライオスたちの強さを引き立てる存在でもあります。事実、カブルーたちが何度も死亡することで「全然死亡しないライオスたちって強かったんだな」と私は思いました。

 

しかしカブルーは仲間からかなり信頼されており、仲間以外のキャラからも好印象を抱かれています。その理由は3つ。

 

  • いつも笑顔を浮かべていて優し気
  • 人の話に適切なリアクションを返せる
  • 相手に興味を持ち質問をする

 

この3つの姿勢を持っているからです。

 

いつも笑顔を浮かべていて優し気

眉間にしわを寄せている人物と笑顔を浮かべている人物、どちらかに声をかけろと言われた場合ほとんどの人が笑顔を浮かべている人に声をかけにいくでしょう。笑顔というのはそれだけ人を安心させ、「あなたを受け入れますよ」というサインになります。

 

カブルーは笑顔を浮かべていることが多いです。それのせいでどこか腹黒く打算的に見えるのも事実ですが、いつも眉間にしわを寄せている人と比べたらやはり話しやすい存在になります。

 

人に好かれるかは「どれだけ相手に心を開けるか」です。笑顔は一番簡単な相手に心を開いたことを教える方法。言葉で「好きだよ」と伝えるよりも簡単ですぐにできる好意の伝え方です。

 

接客業で笑顔の大切さが問われるのもまた、笑顔によって好感度に差が出ることをわかっているからです。

 

人の話に適切なリアクションを返せる、相手に興味を持ち質問をする

f:id:chisatomorehappy11:20181124182512j:plain

出典:ダンジョン飯(6)

 

 「お金がなかったから、魔物をたべてここまでしのいできた!」と発言したライオスに対して、過剰に驚くわけでも絶句するわけでもなく、「めちゃめちゃ面白いですね!」と笑うカブルー。たぶん心の中では「こいつ、やべぇ」と思ているはずですが、ライオスが喜ぶであろうリアクションを返しています。

 

カブルーは自分のリアクションのひとつひとつが相手にどんな影響を与えるのかわかっているタイプです。ここで過剰に驚けばライオスは眉をハの字にして困るだろうし、絶句して軽蔑のまなざしを向ければ傷つく。どんなリアクションを返せばライオスが気持ちよくなり喜ぶのかを、今までの経験から察し「逆にそれっておもしろい」と返したのです。

 

これは経験がものをいう技術です。「そうしよう」と思ってもすぐにできることではなく、何人もの人とコミュニケーションをとり続けて得られるものです。

 

好かれる人ってこういうことができます。自分の意志とか個性を消して、相手の感情や要求を反射させる鏡になれるんです。自分が求めているものがそのまま返ってくるんだから、そりゃ一緒にいて楽しいと思われますし好かれます。

 

またカブルーはライオスの話に適切なリアクションを返した後に、「一番おいしかった魔物はどれですか?」と質問しています。その質問にライオスのテンションは有頂天になり、喜々として答えます。

 

カブルーは人間観察を趣味としているので本当にライオス自身に興味があって、質問をしたのでしょう。その相手に興味を持ち、質問するということもまた好意を抱かれる行為の一つです。

 

人は基本的に人の話を聞くよりも、自分の話を聞いてもらうことを楽しいと感じます。質問されて、相手に望まれて自分の話をするということは「自分のことを知ってもらいたい」という認知欲求を満たせるし、「自分を求められている」という優越感も得られます。また話すこと自体がストレス解消にもなります。

 

だから相手に質問をするということは、相手に話の主導権を渡すということで相手に好かれる行為なんです。

 

スポンサーリンク  

まとめ

  • いつも笑顔を浮かべていて優し気
  • 人の話に適切なリアクションを返せる
  • 相手に興味を持ち質問をする

 

カブルーは意図的にこれらの行為をしているのかもしれません。しかし意図的にせよ無意識にせよ、それが人から好意をえられやすくなる環境を作っています。

 

これらの行為は慣れれば誰でもできるようになります。才能とかそんなものなくても、経験を重ねて努力をすれば誰でも得られる技術です。

 

だから「なかなか人間関係がうまくいかない」と悩む人はカブルーをお手本にするといいでしょう。

 

 

参考にした本

 

ダンジョン飯 5巻 (HARTA COMIX)
kindle Amazon 楽天

ダンジョン飯 6巻 (HARTA COMIX)
kindle Amazon 楽天

[まとめ買い] ダンジョン飯
kindle