ケセラセラ・人間関係の悩みについて

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

おすすめ記事20

容姿に自信がない女性こそ、赤色とハイヒールを使ってモテよう

スポンサーリンク  

 

f:id:chisatomorehappy11:20181209211954j:plain

 容姿に自信のない女性でも「モテたい」という願望を心の底で飼っている人は少なくないと思います。むしろ自分のことをブスだと思っている容姿に自信がない人ほど恋愛に積極的になることができずくすぶっていたりします。

 

そんな自分の容姿に自信のない女性にはぜひとも赤色とハイヒールを活用して、モテてもらいたいと思います。

 

今回はそんな赤色とハイヒールによる「魅力を底上げする効果」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク  

赤色の魅力

「モテる色はなんですか?」という質問がきた場合、答えは色々と出てきます。無垢で清潔な印象を与える白、結婚のイメージが強い水色に、可愛らしさの象徴ともいえるピンク。しかし容姿に自信のない平均的な見た目をした女性には間違いなく「赤色」をオススメします。

 

赤色は平均的な容姿をもっている女性こそ最大限に使いこなせるモテ色なんです。

 

例えばこんな研究があります。

 

ある女性のモノクロ写真を用意し、その女性の背景だけ色を変え、どれほど印象が変わるのかを調べた研究があります。背景の色は赤色、青色、緑色、灰色と様々な色が用意されました。どの写真も女性は同一人物です。

 

その背景だけが違う写真を複数の男子大学生に見てもらい、「どの女性に一番魅力を感じるのか」を評価してもらった結果、断トツに赤色の背景に移った女性の評価が高かったのです。

 

他にも、赤い服を着た女性と白い服を着た女性、どちらが魅力的かを調査した研究もあり、こちらも同じ女性にも関わらず赤い服を着た方がより魅力的と判断されました。

 

こういった研究結果が複数あがっているため、恋愛心理学で赤色は「ロマンチックレッド」と呼ばれるぐらい重要な色とされています。事実、赤色を着ている人って目を惹きやすいですよね。それは単純に派手な色だからというわけではなく、より魅力を底上げしてくれる色だからです。

 

ではなぜ、平均的な容姿の人ほど赤色を活用するべきなのかといいますとこれもまたそういう研究結果がでているのです。決して美人ではない平均的な顔立ちの女性が赤色という派手な色を身につけると大きなギャップができるため、より魅力的に見えるのです。

 

だから容姿に自信のない女性こそ、赤色をうまく取り入れるとモテるようになるんです。

 

容姿に自信がない女性こそ、赤色とハイヒールを使ってモテよう

ドレッシースター 1956スイングワンピース
Amazon

容姿に自信がない女性こそ、赤色とハイヒールを使ってモテよう

しかし容姿に自信のない女性って性格的に大人しい女性が多く、赤色なんて派手な色を取り入れるのに抵抗がある人も多いかと思います。私も赤いワンピースに憧れはしますが、着る勇気はないです。だから全身赤色にするのではなく、スカート・カーディガン・ピアス・カバン・靴・リップなどで取り入れています。

 

個人的には赤いハイヒールをオススメします。なぜならハイヒールもまたモテるアイテムの一つだからです。

 

スポンサーリンク  

ハイヒールの魅力

 ハイヒールってスカートと並ぶぐらい女性の象徴とも言われるアイテムです。もちろん男性が履いてもいいと思いますが、私はいまだハイヒールを履いた男性に出会ったことがありません。それだけハイヒールって女性のものというイメージがあります。

 

2013年にブルターニュ大学のニコラス・ゲーガン教授が「靴がもたらす魅力の変化」についての研究を行いました。その結果、全くヒールのない靴よりも5cmのヒールのある靴を履いた女性が、5cmのヒールがある靴を履いた女性よりも9cmのヒールのあるくつを履いた女性の方が男性に親切にしてもらえるという研究結果がでました。つまり、ヒールの高い靴をはいた女性がより魅力的に見えるということです。

 

ニコラス・ゲーガン教授はハイヒールの魅力を下記のように述べています。

 

  • 足が小さく見える効果がある
  • すらりとスタイルが良く見える効果がある
  • 歩き方や姿勢がセクシーに見える
  • セクシーさの象徴である

 

確かにハイヒールをはいた女性って同性から見ても魅力的に見えますよね。私も子供の頃にハイヒールを履いた大人の女性を見ては憧れ、「自分もああなりたい」と思ったものです。

 

しかし大人になって初めてハイヒールをはいてみると、あまりの歩きにくさと足の痛さに「これは人間の履くものじゃない」「ブラジャー並みの拷問器具だ」と思いました。たぶんそう思っている人は多いのでしょう。会社に行ってもぺったんこのシューズを履いている女性の方が多く、ハイヒールを履きこなしている女性は少数です。

 

私も無理に履けとはいいません。この研究結果を知っている私でさえも、9cmのハイヒールを手に取ることはせず、あまり歩かない日にのみ5cmのハイヒールを履く程度です。

 

でもはやりハイヒールをはいていると、気持ちがしゃんとします。「女」としての自覚を再確認でき、ハイヒールを履いている時はより仕草が女性らしくなります。そういう気持ちの面でも女性らしさがあがるので、ハイヒールが女性の魅力を底上げしてくれるのは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク  

まとめ

 今回の内容は下記の動画でよりわかりやすく知ることができます。よければ見てください。

 

赤い服?青い服?モテるのはどっち? - YouTube

 

赤色とハイヒールをうまく活用して、モテちゃいましょう。