ケセラセラ・人間関係の悩みについて

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

おすすめ記事20

【目標を達成できるのはたった12%】なりたい自分になるための考え方

スポンサーリンク  

【目標を達成できるのはたった12%】なりたい自分になるための考え方

 あけましておめでとうございます。

 

年が開け、新たな一年を充実したものにするために目標を掲げる人も少なくないでしょう。可愛くなりたい、収入をあげたい、恋人を作りたい、資格を取りたい、などなど。

 

個人的に目標を決めるということはその後の行動を決定づけることなのでいいことだと思っています。そのため私もいくつかの目標を掲げています。そして目標達成のために精進していくつもりです。

 

しかし新年に掲げた目標を達成できる人の割合はどのぐらいか知っていますか。実はたったの12%と言われています。

 

2007年にイギリスで行われた研究では、元旦に目標をたてた3000人を追跡調査した。52%の人達が目標を達成できると自信を持っていたにも関わらず、目標を達成することができたのはわずか12%の人達だった。2008年の目標と2009年の目標を比較した別の研究では、60%の目標が繰り返されていたことが明らかになった。半数以上の人が、連年同じ目標をたてて挫折しているのである。

 

引用:新年の目標を達成するための3つのステップ:日経ビジネスオンライン

 

 確かに、達成できなかった目標を翌年にもう一度掲げることがあります。それはつまりその目標が達成できなかったということ。上記の調査はイギリス人を対象としたものですが、日本人も例外とは言えません。

 

ではどうすれば目標を達成することができるのでしょうか。「世界一やさしい問題解決の授業」という本をもとにご紹介していきます。

 

【目標を達成できるのはたった12%】なりたい自分になるための考え方

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
Kindle Amazon

【目標を達成できるのはたった12%】なりたい自分になるための考え方

スポンサーリンク  

どうすればなりたい自分になれるのか

 不思議なことに人間には「なりたい自分に向かってどんどん突き進む人」と「なりたい自分を想像しながらも全く行動に移さない人」がいます。これが目標を達成できる人とできない人の差でしょう。

 

元来、私は後者の人間で目標を達成できたことがほとんどありませんでした。新年をあけると同時に「今年は毎日日記を書くぞ」とか「毎日30分勉強するぞ」など色々なことを考えます。しかし想像しただけで満足してしまい、行動に移しません。その理由は様々ですがおもに「めんどくさい」「目標のために努力しなくても達成できるだろう」という甘い考えです。その結果、一ヶ月経った頃にはせっかく掲げた目標すら忘れてしまうのです。

 

そんな過去の私のような考え方をしている人は少なくないはずです。だからこそ目標を達成できる人の割合がたったの12%なんでしょう。人間はもともと楽をしたいと考える生き物で、自分で自分を律することができない限り甘い考えに支配されてしまうのです。

 

じゃあ、目標を達成することができるのはそういった才能を持った極一部の人間なのか。それは違います。目標を達成する人には才能があるのではなく、目標を達成に導くための癖があるんです。それが考え方の癖です。

 

問題解決能力があれば、自分で主体的に考え、決断し、行動することができます。壁に直面してもすぐにはあきらめず、自分の力で乗り越える。夢や目標を見つけたら、才能と情熱が許す限り、実現する可能性を高めていく。

 

(中略)

 

これは持って生まれた才能ではなく「癖」なのです。自分の力で考え、行動するという経験を積み上げていくと、「考え抜く癖」「前向きな姿勢の癖」がついてきます。

 

引用:世界一やさしい問題解決の授業

 

ではどんな「考えの癖」が目標達成に繋がるのか。その答えは下記の通りです。

 

  • 常に具体的な目標を持っている
    「7月までに5kg痩せるぞ!」
  • 姿勢がすごく前向き
    「どうやったらうまくいくのかな」
  • 現像の奥にある問題の本質を探る
    「なんで太ってしまったんだろう」
  • 具体的な解決策を見つけて、すぐに実行に移す
    「原因は運動不足。毎日30分歩こう」
  • 進み具合いを常にチェックして、毎回何かを学んで進化していく
    「思ったより体重が減らない。その原因はなんだろう」

 

このような考える癖をもつことができれば、その人はものすごい速度で成長することができます。つまり下記の画像のCさんになれるのです。

 

【目標を達成できるのはたった12%】なりたい自分になるための考え方

出典:世界一やさしい問題解決の授業

 

 みなさんの周りにいる「いつもなんだかんだ上手くいく人」「順風満帆な人生を歩んでいる人」などの何かしら抜きん出ている人はCさんの位置にいます。彼らはなんでもないように生きているように見えるかもしれません。「ただ運がいいだけ」に見える人もいるでしょう。

 

しかし運だけではどうにもならないということを本当は誰もが知っているはずです。誰か一人が飛び抜けて運がいい、なんてことはないのです。世界での幸せの数が決まっていて、誰かが幸せになれば残りの誰かが不幸になるということもありません。

 

運が良く見える人たちは、他の人達がネガティブな思考に捕らわれている間もずっと前向きに考えているのです。「どういう自分になりたいか」「どうすればいいのか」「何が原因なのか」と。その考えの差が、成長速度に大きな影響を与えて、人生の大きな差を産んでいるのです。

 

もちろん、考えるだけで実行に移さなくては意味がありません。

 

  1. 現状を正確に理解する
  2. 問題の原因の特定する
  3. 問題解決の方法を決める
  4. 実行する

 

これらの流れをすべて終えることで、はじめて成し遂げたと言えます。

 

スポンサーリンク  

目標達成のコツは小さいものから挑戦していくこと

最後に目標達成のコツをご紹介します。それは小さな目標から挑戦していくことです。

 

例えば「10kg痩せる」という目標があったとしたら、とりあえず「1kg痩せる」という小さな目標から掲げてください。そして1kg痩せたら2kg、2kg痩せたら3kgと目標のハードルを徐々にあげていくのです。

 

小さな目標を達成していくことで、「目標が達成できた」という自信がつきます。この自信は一つのことを長く継続するのにとても大切なエネルギーになります。

 

失敗してばかりだとネガティブな思考に捕らわれて継続するのが嫌になっていきます。自信を失い、自分が嫌いになってしまうからです。だからいきなり大きな目標を掲げるのではなく、小さな目標をたくさん達成するようにしてください。

 

筋トレの継続が目標ならば腹筋を一日3回することから始めてもいいですし、人見知りを直すのが目標ならばお会計の時に店員さんと目を合わせることから始めてみてください。

 

小さいことの積み重ねで、人生は大きく変わっていくのです。

 

 

参考にした本

【目標を達成できるのはたった12%】なりたい自分になるための考え方

世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
Kindle Amazon

【目標を達成できるのはたった12%】なりたい自分になるための考え方