ケセラセラ・人間関係の悩みについて

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

おすすめ記事20

好きな人と友達のようにコミュニケーションがとれないと恋人関係になるのは難しい

スポンサーリンク  

好きな人と友達のようにコミュニケーションがとれないと恋人関係になるのは難しい

 「友達関係」と「恋人関係」は全然違うものだという人が多いです。確かに2つは似た部分もありながらも全く同じとは言えません。友達だからできること、恋人だからできることもそれぞれ違ってきます。

 

しかし個人的に友達関係を経ての恋人関係だと思っています。出会ってすぐに恋愛対象として意識しあっても、友達としてできること(一緒にいる時間を増やす、会話をたくさんするなど)ができないと恋人関係になることはできません。なぜならば恋人関係とは友人関係よりも親密な関係だからです。

 

だから好きな人と友達のようにコミュニケーションがとれないと恋人になるのは難しいのです。

 

コミュニケーションが気薄だと恋人はできにくい

好きな人を過剰に意識することは極々当たり前のことです。「嫌われたくない」と思うからこそ変に緊張してしまって、いつものようにはしゃべれなくなることもよくあります。

 

しかし残念ながらそういう恋ってうまくいきにくいです。なぜならば相手とうまくコミュニケーションがとれていないからです。コミュニケーションがとれないと恋は発展しないのです。

 

恋愛はコミュニケーションの一種です。マンガや映画などで「ときめくもの」「運命を変えるもの」として描かれることが多いですがそんなにすごいものではありません。一般的なコミュニケーションの先に芽生える感情のひとつに過ぎません。

 

よく社会人になって恋をしなくなったという人がいます。それは単純に周りとのコミュニケーションが希薄になっているからです。

 

小学校から高校までの生活って教室という狭い空間のなかに大人数がぎゅっと詰め込まれて長時間ともに過ごさなくてはいけません。しかも同じ作業をする時間が多く、共通の会話も生まれやすいので周りとコミュニケーションがとりやすい環境なんです。

 

社会人になってもオフィスという空間につめこまれるのは同じです。しかし職種によって行動は様々で一日ずっと一緒にいるのなんて同じ部署の人ぐらいです。そして部署が違えば共通の会話も生まれにくいし、そもそも知り合うきっかけすらなかったりします。

 

単純に学生の頃の方が周りとコミュニケーションがとりやすく親密になりやすい環境なんです。だからこそ学生の時の方が社会人の時よりも恋人をつくりやすいんです。

 

恋をする、恋人を作るのはコミュニケーションをとる機会を増やし、より親密になる機会が必要です。仲良くならなくても恋人になれる、なんてありえないことです。

 

因みに日本人の6割が人見知りだと言われています。6割ということは半分以上が当てはまるわけなので、これから接していく相手が人見知りである可能性が高いというわけです。

 

自分も人見知りなのに相手も人見知りだった場合どうなるのでしょうか。沈黙が続いて全然場が盛り上がらない光景が簡単に浮かんできます。

 

つまり社会人になって学生の頃よりもコミュニケーションがとりにくい環境になっているにもかかわらず、自分が人見知りだということに甘えて、「相手が話してくれる」「相手が盛り上げてくれる」と考えていては一向に周りとコミュニケーションがとれないということです。

 

 日本人の6割が人見知りだということは、あなたがこれから接する異性の半分以上が人見知りの可能性が高いということなんです。

人見知りあるあるとして、「相手が話してくれるのを待っている」という特徴がありますが、あなたが人見知りで相手もそうなのだとしたら、相手の男性はあなたと同じことを考えていると思っていいでしょう。

なので、コミュ力を向上させる練習として、日頃から老若男女問わずいろいろな人に対し、相手の出方を待つのではなく、自分から話しかける習慣を作っていきましょう。

 

引用:これまで、何も起きずに終わっていたあなたへ 友達をつくるように、彼氏ができる本

 

 好きな人ができたなら、まずは相手と友達になってください。友達になるためにはコミュニケーションをとるしかありません。

 

そしてもし相手が人見知りならば、自分から声をかけなくてはいけません。自分が人見知りならばわかると思いますが人見知りの人は自分から声をかけるということはほぼしません。なぜなら拒絶される怖さを人一倍抱えているからです。

 

好きな人が人見知りである可能性は半分以上です。「緊張して、話しかけられない」と言っていたらいつまでも距離が縮まることはなく、友達のようにコミュニケーションをとることもできません。

 

女性だからといっていつまでも待ちの姿勢でいることはありません。それで今までずっと上手くいかなかったのならば変わる必要があります。

 

告白をしろと言っているのではありません。友達を作るように声をかけるんです。その一声ががらっと未来を変えるかもしれません。

 

周りを見ても「待ち」をやめた女子から幸せになっていきます。日本人はもともと受け身な民族で、SM業界もつねにS不足なんだとか。受け希望が多く攻め志望が少ないこの国で「M=待つ」から「S=誘う」に転向すれば、恋愛でも独り勝ち状態です。

 

引用:オクテ女子のための恋愛基礎講座

  

 

参考にした本 

好きな人と友達のようにコミュニケーションがとれないと恋人関係になるのは難しい

これまで、何も起きずに終わっていたあなたへ 友達をつくるように、彼氏ができる本 (大和出版)
Kindle Amazon 楽天

好きな人と友達のようにコミュニケーションがとれないと恋人関係になるのは難しい

好きな人と友達のようにコミュニケーションがとれないと恋人関係になるのは難しい

オクテ女子のための恋愛基礎講座 (幻冬舎文庫)
Kindle Amazon 楽天

好きな人と友達のようにコミュニケーションがとれないと恋人関係になるのは難しい