ケセラセラ・人間関係の悩みについて

人付き合いが苦手で社会不適合者・ブスでモテない恋愛下手だった私が快適に生活するための知恵袋。

このブログについて

おすすめ記事20

動いている姿が可愛く見えるようになる方法

スポンサーリンク  

動いている姿が可愛く見えるようになる方法

世の中には「可愛くなりたい」と嘆いている女性はとても多いです。なぜならば容姿の良し悪しはその人の人生に大きな影響を与える要素でもあるからです。

 

映画でも漫画でもありがちな設定ですが、美人がもてはやされ、ブスが目に見えてひどい扱いを受けます。 それが現実でも起こりうることなのかというと完全に否定することはできません。美人の方が得で、ブスは損をする。そういう思想を持っている人は少なくないでしょう。だからこそ多くの人が「可愛くなりたい」と思うのです。

 

さて、世間では「顔が整っている人」を美人として認識していることが多いです。だから多くの人は鏡に写った自分や写真に写った自分を見ては落胆したり悲観的になります。

 

しかし私は思うのです。静止状態の自分の可愛さよりも、動いている状態の自分の可愛さの方が重要なのではないかと。

 

人間は生き物で常に動いて生活しています。しゃべる、症状を変える、体制を変えるなどの動いている状態こそ、他者から見た「自分」です。

 

つまりどんなに鏡に映る自分や写真に写った自分を可愛く着飾っても、動いている状態の自分を可愛く演出できなければ「可愛い人」という印象は得られないわけです。ためにこの考えがすっぽりと抜け落ちている女性に出会い、「写真は可愛かったのにあってみたら残念だった」ということがあります。逆にぱっと見の容姿はそこまで優れているとはいえないのにとても可愛い!と思える女性に出会うこともあります。

 

もちろんぱっと見の容姿を磨くことも大事なことです。しかしそれは限界があります。どんなにメイクを頑張っても変えられない部分がありますし、整形はかなりの費用がかかるため理想の容姿を手に入れるのは楽ではありません。

 

「可愛くなるためにダイエットもしたし、メイクも覚えた。でもいまいち成果がでない」という方は一度「動いている自分の姿」に注目してみるといいでしょう。

 

また人の目や脳というのはとても曖昧で、容姿がいまいちでも雰囲気が可愛ければ「可愛い」と認識されます。容姿を磨くのはそれなりに時間がかかるので、雰囲気から手をつけるのは可愛くなるための近道です。

 

動いている姿が可愛く見えるようになるための大事な要素

では動いている姿を可愛く見せるためにはどうしたらいいのか。下記の要素に注目しましょう。

 

  1. 声のトーン
  2. しゃべり方
  3. 仕草
  4. 表情
  5. リアクション

 

「声のトーン」「しゃべり方」「仕草」「表情」「リアクション」これらの5つの要素に気を配り、洗練させることで動いている姿が可愛く見えるようになります。

 

詳しい内容は次回の記事に書きます。